歌をメインに外国語をまなブログ

外国語を学ぶ際に不足しがちなアウトプットを弾き語りとカラオケで!英語と中国語の歌を中心に、外国の歌に飽きると日本の歌を英文翻訳してます。

【中国語検定#002】2級(第103回)を約5年ぶりに受けてきました 〜 撃沈!

f:id:HikkiMorry:20210627162115j:plain

 本日(6/28)中国語検定2級を、都内の堀の近くにある駅のそばのビルで受験しました。本日受験された皆さん、おつかれさまでした!

 

 前回のブログ【中国語検定#001】で報告したとおり、中国語の歌の弾き語りがどこまで通用するかが今回のテーマでした。

hikkimorry.com

  私の受験会場の受験者数は、数部屋に分かれていましたが私の部屋は150名くらいでした。受験者層は、まさに老若男女といった感じで、中国語の幅広い人気を実感しました。

 以下、受験した感想です。

 

<リスニング>

1.短い会話(10問)

 2回繰り返してくれるのですが、5年振りの割にはなんとか聴き取れるレベルでした。 (この時点で意外といけるのではと、微かに期待する。)

 

2.長い文章(10問)

 こちらも2回繰り返してくれましたが、質問に答えられるほど情報が耳に入りませんでした。(この時点でやっぱりダメだと、期待が絶望に変わる。)

 

<筆記>

1.長文読解(10問)

 文章の内容は判るのですが、空欄を埋めるとなると自信のない問題のオンパレードでしたw

 

2−1.正しい語順の文章の選択(5問)

 これ、昔から比較的得意でした。今回も結構判りました。 

 

2−2.同じ意味の単語を選択(5問)

3.短文の空欄補充(10問)

 この辺の問題は勉強していないと太刀打ちのできないレベルでした。

 

4.ピンインの漢字書き取りと中文和訳(4問)

 ピンインの漢字書き取り問題は、5年前はなかったと思いますが、難しかったです。

 和訳は半分くらい出来たのではないでしょうか。

 

5.中文作文(5問)

 これまでは日本語の短文を中国語に作文する問題が5問出題されましたが、今回(第103回)より1問が、テーマが与えられて中文を書く問題に変わりました。

 2級は「日本の四季」について、「凉爽」と「喜欢」を使用して30〜50字で作文する問題でした。

 

 中国語検定は、なんと試験当日の17:00に問題と解答がwebに発表されます。

 早速自己採点してみました。。

www.chuken.gr.jp

 これは、、事故レベルでは、、

 とりあえず中国語の歌を歌っているだけでは太刀打ちできないことが、判明しましたw

 結果発表は約1ヶ月後となりますが、早速次回11月の試験に向けての対策を始めたいと思います。。

 

中国語検定対策2級問題集[改訂版]《CD2枚付》 [ 伊藤 祥雄 ]

価格:2,640円
(2021/6/27 16:51時点)
感想(1件)