歌をメインに外国語をまなブログ

外国語を学ぶ際に不足しがちなアウトプットを弾き語りとカラオケで!英語と中国語の歌を中心に、外国の歌に飽きると日本の歌を英文翻訳してます。

【コラム#003】ギター・スクールに通い始めて2年が経ちました

f:id:HikkiMorry:20201128235354j:plain

 

 2018年10月から「シアーミュージック」でギターを習い始めて、約2年が経ちました。 

 ほぼ週いちで通いましたが、これまでの成果などを振り返ってみたいと思います。

 

〈習い始めたきっかけ〉

 スクールに通う前も簡単なコードは弾けましたが、きちんと習いたいと思ったのは、あいみょんの影響です。

 もともとアコギの音色が好きなのですが、あいみょんのあのノスタルジックな歌詞と歌声に惹かれました。

 なので最初はあいみょんの「君はロックを聴かない」の弾き語りからレッスンを始めました。

 シアーミュージックでは全てマンツーマンで、月4回/1回45分のコースが標準ですが、毎回自由に教室や先生を選べるので、しばらくは都内の教室を転々としていました。

 また、ギター以外の楽器やボーカルも毎回選べるので「君はロックを聴かない」でボーカルのレッスンを受けたりもしました。

 

〈ジャズが中心に〉

 そうこうするうちに、ジャズが専門の先生のところに通う回数が増えていき、気がつくとジャズがメインとなっていきました。

 まあ、あいみょんは家で練習できるけれど、ジャズは理論とかあるので集中してレッスンを受けたほうがいいかなとの判断もありました。

 

〈初めての発表会〉

 ジャズの先生のところを中心に通い始めて間もなく、スクールの発表会に出たらどうかと勧められました。

 発表会に向けた練習と人前での演奏は、技術向上にもってこいだと思い「Fly Me to the Moon」の弾き語りの特訓を3ヶ月ほど続けました。

 2019年8月31日の初めての発表会当日(@高田馬場)はめちゃくちゃ緊張したのを今でも覚えています。

 それまでも会社の忘年会などでの演奏経験はありましたが、自分も観客(ほとんどは生徒さん)もシラフでの演奏は宴会とは別次元でした。

 そして二度目の今年の2月8日(@川崎)の発表会では、「Wave」を弾き語りしました。やはり緊張はしましたが、前回に比べればずいぶん気持ちに余裕がありました。

 このまま年2回くらいのペースで発表会に参加すればずいぶん上達するなと思いましたが、コ○ナの影響で発表会の再開の目処は立っていません。

 

〈コ○ナの影響〉

 今年4月に緊急事態宣言が出た時は、スクールは休校となりましたが、直ぐにオンラインコースが始まりました。

 現在は、通学かオンラインを選べます。

 通学では、先生と生徒が別のブースに入ってのレッスンで、感染防止の対策を取っています。モニター越しなので通学のメリットは半減しますが、やむを得ませんね。

 ちなみに、スクルーが休校になるこのタイミングで、ブログYouTubeを始めました。

 

〈今後の目標〉

 これまでにジャズで使うコードは覚えたので、アドリブを始めたところです。

 しかしアドリブはこれまでとは異次元の難しさで、マスターするには3年くらいかかりそうです(笑)

 

〈スクールに通うメリット〉

 最後にスクールに通うメリットですが、初心者で周りに教えてくれる人がいない場合は、通ってしまった方が手っ取り早いと思います。

 一方、中級者になると、スクールに通えば上達するとは限りません。自分で目標を決めた上で、主体的に毎日練習することが重要です。

 相性のいい先生が見つかるまで、スクールを変えてみるのもいいかもしれません。

 

〈まとめ〉

 ・あいみょんの影響を受けてギタースクールに通い始めました。

 ・スクールに通っているうちに、ジャズを習いたいと思うようになりました。

  3年でアドリブをマスターする計画です。

 ・発表会は実力を伸ばす絶好の機会なので、再開したら積極的に参加したいです。

 ・コ○ナがなければブログYouTubeの弾き語りアップはなかったと思います。

 ・ギター・スクールに通えば上達するのは初心者の段階だけです。

 ・スクールはあくまで補助で、自分で目標を立てて毎日練習することが重要です。

 

 

 シアースクールについて詳しく知りたい方や、無料体験レッスンに興味のある方はこちらからどうぞ。 ↓

 

  こちら、発表会の時とは多少アレンジが違いますが、「Fly Me to the Moon」と「Wave」の弾き語りです。

hikkimorry.com

hikkimorry.com