歌をメインに外国語をまなブログ

「学び」を「エンタメ」に!

【英文和訳&弾き語り#020】〜 ONE NOTE SAMBA by Antonio Carlos Jobim

 今回は、ボサノバ の代表曲のひとつ「One Note Samba」の和訳と弾き語りをお届けします。

 

 作曲がAntonio Carlos Jobimで、作詞はポルトガル語はNewton Mendonça、英語はJobimのようです。1960年にリリースされました。

 

 曲のタイトルの通り、一つの音階が続くのが特徴の曲ですが、単調ゆえに歌うのが難しかったです、、

 


www.youtube.com

 

One Note Sambaひとつの音符のサンバ

Lyrics/Music: Antonio Carlos Jobim

 

This is just a little samba

Built upon a single note

 これは1つの音符で作った

 ちょっとしたサンバ

 

Other notes are bound to follow

But the root is still that note

 他の音符も後からついてくるけど

 それでもルートはこの音符

 

Now this new one is the consequence

Of the one we've just been through

 新しい音符は僕たちが通り過ぎた結果にすぎない。

 

As I'm bound to be the unavoidable

Consequence of you

 結局君に行き着くのが避けられないようにね

 

There's so many people who can

Talk and talk and talk

And just say nothing

Or nearly nothing

 話好きな人はたくさんいるけど

 ほとんどは中身がないね

 

I have used up all the scale I know

And at the end I've come to nothing

Or nearly nothing

 僕は知っている全てのスケールを全部使ってしまって

 結局ほとんど何も残っていない

 

So I come back to my first note

As I must come back to you

Anyone who wants the whole show

Re mi fa sol la si do

 だから僕は最初の音符に戻る

 君の元へ戻らないといけないのと同じように

 全部を望む人は

 レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

 

He will find himself with no show

Better play the note you know

 彼は使える音がなくなって

 知っている音だけで演奏した方がいいことに気づく

 

This is just a little samba

Built upon a single note

 これは1つの音符で作った

 ちょっとしたサンバ