歌をメインに外国語をまなブログ

外国語を学ぶ際に不足しがちなアウトプットを弾き語りとカラオケで!英語と中国語の歌を中心に、外国の歌に飽きると日本の歌を英文翻訳してます。

【日文英訳&弾き語り#007】セシル by 浅香唯 〜 Cécile by Yui Asaka

 今回は、浅香唯の「セシル」の英訳と弾き語りをお届けします。

 1988年8月に発売された11枚目のシングルで、前作の「C-Girl」に続いてオリコン週間ランキング1位を獲得した彼女の代表曲のひとつです。

 ちなみに歌詞は、フランソワーズ・サガンの小説「悲しみよこんにちは」の主人公セシルを題材にしているそうです。


セシル by 浅香唯 〜 弾き語りカバー 〜 Cécile by Yui Asaka - vocal and guitar cover

 

セシル 〜 Cécile

   作詞麻生圭子/作曲:NOBODY

   Lyrics: Keiko Aso / Music: NOBODY

 

あなたの悲しみ 代われるなら

私はこのまま そばにいたい

踵を揃えた 二人の影

こんなに背の高さ違うの

   If I can replace your sorrow, I want to keep staying with you 

   The shadows of the two of us aligned the heels

   The heights are so defferent

 

映画で見た セシルのように

嘘は言いたくない

    I don’t wan’t to lie like Cécile in the movie I watched

 

*人は大人になるたび 弱くなるよね

ふっと自信を失くして 迷ってしまう

だから友達以上の 愛を捜すの

今夜私がそれに なれればいいのに

   People get weaker as they grow up

   We suddenly lose confidence and get lost

   That is why we are looking for love more than friendship

   I wish I could be that tonight

 

頬づえつく手を 変えるだけで

あなたは何にも 話さないね

名字で自分を 呼び捨てする

いつもの私もおとなしい

   You just change the hand to rest your chin

   And you don’t talk to anything

   I usually call out myself by my surname

   But I also keep silence now

 

ふいに気づく あなたの涙

見ないフリをした

   I suddenly noticed your tears, but pretended not to see

 

#恋は楽しい時より 悲しい時に

そっと始まった方が 長く続くね

きっと誰でも一人は 味方がいるの

いつも私がそれに なれればいいのに

   Love could last longer when it quietly started and when in sad than in fun

   Everyone surely has one ally

   I wish I could always be that

*#

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こちら本人映像もお楽しみください。


【HD画質】浅香唯 セシル(1988年8月17日)

 

 80年代アイドル曲の紹介は中森明菜の「セカンド・ラブ」に次いで2曲目となりましたが、他にも名曲揃いなのでこれからも紹介していきたいです。 

hikkimorry.com