歌をメインに外国語をまなブログ

「学び」を「エンタメ」に!

【日文英訳&弾き語り#004】セカンド・ラブ 〜 Second Love 〜 by 中森明菜

 今回は、中森明菜の「セカンド・ラブ」の英訳と弾き語りをお届けします。

 1982年11月に、3枚目のシングルとしてリリースされました。

 作詞・作曲はデビュー曲「スローモーション」と同じ来生えつこ来生たかお姉弟コンビです。

  


セカンド・ラブ 〜 弾き語りカバー 〜 Second Love

 

セカンド・ラブ 〜 Second Love

   作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお

   Lyrics: Etsuko Kisugi, Music: Takao Kisugi

 

恋も二度目なら 少しは上手に

愛のメッセージ 伝えたい

あなたのセーター 袖口つまんで

うつむくだけなんて

   As the love is the second time

   I will tell the message of love a bit better

   But I just catch your sweater sleeve and look down

 

帰りたくない そばにいたいの

そのひとことが 言えない

   I don’t want to go home, want to be your side

   I just cannot say that phrase

 

抱きあげて つれてって 時間ごと

どこかへ運んでほしい

せつなさの スピードは 高まって

とまどうばかりの 私

  Pick me up and take me with time

  Carry me to somewhere

  As the speed of heartbreaking is increasing

  I’m just confused

 

恋も二度目なら 少しは器用に

甘いささやきに 応えたい

前髪を少し 直すふりをして

うつむくだけなんて

   As the love is the second time

   I will respond to the sweet whisper skillfully

   But I just pretended to set my front hair and look down

 

舗道にのびた あなたの影を

動かぬように 止めたい

   The shadow of you lengthened on the pavement 

   I will fix it not to move

 

抱きあげて 時間ごと からだごと

私をさらってほしい

せつなさが クロスするさよならに

追いかけられるの いやよ

  Pick me up with time and my body

  I want you to sweep me

  I don’t want to be chased

  To the goodbye crossing the heartbreaking

 

抱きあげて つれてって 時間ごと

どこかへ運んでほしい

せつなさは モノローグ 胸の中

とまどうばかりの 私

   Pick me up and take me with time

   Carry me to somewhere

   I’m just confused

   To the monologue of heartbreaking in my heart

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  Wikipediaによれば、3枚目のシングルを、前曲の「少女A」と同じツッパリ(死語?)路線、つまり4枚目の「1/2の神話」でいくか、デビュー曲「スローモーション」風に戻すかで揉めたみたいです。

 結果「セカンド・ラブ」はシングル売り上げ77万枚の自己ベストとなりました。

 ちなみに「少女A」と「1/2の神話」を作詞した売野雅勇さんが以前テレビで、「少女A」がデビュー曲になる可能性があったとおっしゃっていました。仮にそうなっていたら、2曲目が「1/2の神話」になった可能性が高まり、その後の展開も大きく変わったかもしれません。

 まさに人に歌あり歴史ありですね。。

 

 

ザ・ベストテン


【中森明菜】Akina Nakamori「セカンド・ラブ」🔊 1983年1月6日 (高画質)